家庭で楽しむ『おうちジビエ』②青椒鹿絲 | えひめジビエファイル えひめのジビエを知りつくす食べつくすサイト

愛媛県農林水産部農産園芸課

家庭で楽しむ『おうちジビエ』②青椒鹿絲

 ジビエファイル  2017年10月26日

松野産の鹿肉を、チンジャオロースにアレンジ!ヘルシーな『青椒鹿絲』です。

『青椒鹿絲』

 

材料/鹿肉(ロース、バラなどの切り落とし)150g

ピーマン:2玉

パプリカ:1/2切

もやし:1/3袋

ごま油:適量

下味調味料/酒:大さじ1、しょうゆ:大さじ1、片栗粉:大さじ1、

合わせ調味料/醤油:大さじ1、砂糖:大さじ1、酒:大さじ1/2、オイスターソース:小さじ1

 

 

作り方

①鹿肉は細長く切りそろえ、下味で混ぜ合わせておく。

②ピーマン、パプリカは千切りし、もやしは芽と根をとる。

③フライパンにごま油を入れ、中火で①に火が通るようによく炒める。

④②を加えて強火で炒め合わせたら、合わせ調味料を加えて全体にからめる。

 

 

鹿肉のカロリーは100gあたり約110kcal(牛肩ロースは約300kcal)と非常に低く、アスリートの身体づくりやダイエットにはもってこいの食材です。一方で「タンパク質」は100gあたり約20gで他の肉に比べると高タンパクです。また貧血予防や疲労回復に作用するといわれる「鉄分」も、牛肉や豚肉に比べて圧倒的に多く含まれています。

加工施設で適切な下処理をされた鹿肉は臭みもなく非常に扱いやすいお肉です。

脂が少ない(ヘルシー)ため、「固くてパサパサしている」と思われがちですが、その脂の質がとてもよいので美容のためにもおすすめしたいお肉です。ビタミン類が豊富な野菜と組み合わせることで、そのパワーがさらにアップします!

ビジエ肉を生食することは寄生虫の感染や腸管出血性大腸菌、E型肝炎ウイルス、サルモネラ菌等への感染のリスクが考えられますので、避けてください。

ご家庭でジビエ肉を調理される場合は、しっかりと加熱することを心がけ、必ず中まで火が通ったことを確認してお召し上がり下さい。また生肉が接触した調理器具なども適切に取り扱うようにご注意下さい。